ココロと感情の筋トレ

Apr 8, 2014

本日は流山市十太夫福祉会館にてあたたかな日差しの中、美女9名+赤ちゃん6名美ヨガを堪能。

本日のIn and Outは『最近の私の嬉しかったり、楽しかった、良かったこと、などのNews』

毎日の生活が常に、エキサイトの連続とは限らない。

そんな中、1つ1つの出来事に、しっかりと感動や感謝、喜びを感じられる感覚がどれだけあなたの中にあるか。

そして、ひょっとしたら、この時間は、忘れていたそれらを呼び戻せる時間かもしれない。

一方、真逆の質問、『最近あった嫌なことは?』、という言葉を、もし投げかけたとしたら、

たいていの人は、せきを切ったようにすぐに、怒りを覚えながら、そして興奮しながら話せるだろう。

私たちの脳は、放っておくと、嫌なこと探し、不幸探し、あら探しのプロにあっという間になれる。

どちらの人生を生きるか? 常に不平不満。または、常に感動・常に感謝。

ココロの筋トレ、感情の筋トレを続ける。

認知行動療法の自働思考、認知のゆがみを、適切なメンバーに自身のことを少し話すことで、

自分の思い込みや偏った思考に気付くチャンスにもなる。

最初は意識が必要だが、地道に続けていくと、意識しなくとも身体のコアが引き締まっていくように、

ココロと感情をも一定のラインへと導かれる。身体の筋肉痛は顕著に感じられるがココロと感情のトレーニングの結果は翌日に出るものではなく、一生をかけて、一生終わらないトレーニングなのかもしれない。

Write a comment

Comments: 0