下のお子さんがいるママの苦悩♪ 第1子ほど可愛がりまくっちゃお❤

May 27, 2014

本日は十太夫福祉会館にて美ヨガ♪ 総勢オトナ女子11名+赤ちゃん7名❤

本日初参加のマタニティさんもドキドキしながら参加してくださいました♪

本日のIn and Outは「最近エキサイトしたこと!」

「え!!!何もないなぁ。。。」というママも、「子育て中に何か喜怒哀楽を感じたこと、あるのでは?」というメンバーさんからの言葉をキッカケにいろいろと出てまいりました~

つい、上の子の言動にイラっとしちゃうぅぅうううや、パパの言動を許さん!と思ったこと、義母のこと(笑)、足の裏の角質取りの薬剤の威力にびっくりしたぁぁあああ◎0◎などなど(^_-)

さて、非常に旬な話題♪上のお子さんが異常に赤ちゃん返りしてもう大変X-X言葉も態度もオトナの神経を逆なでするようなときも多々あったり:-:

正直、ママの神経持たないですよね>-< 子育てにおける大難関のひょっとしたら1番のピークっっっ>-<

ママの愛情確認行動でもあることは判ってるけれど。。。ゲンナリ。。。

ところで思春期や成人期の問題行動症例として、摂食障害(神経性大食症)、各種依存症、ワーカーホリックなどがありますが深く深くたどっていくと、幼少期のお母さんに(特定の養育者に)対しての、私だけを愛してほしい、心配してほしい、気にかけてほしい、こんなに頑張ったんだよと認めて欲しい、、、と言った心の叫びが隠されていることが多々あります。母子相互作用、アタッチメントの形成(基本的信頼感)といいますが、大人になるお子さんの人間関係の基礎の基礎になります。

特に下の子は生物学的にも幼い方が無条件で可愛く見えてしまうもの。特に女の子は生まれた時からオンナ!パパにたっぷり愛情をもらい、異性から認められ愛されている基本的感覚を習得するそうな(笑)

男の子は、やっぱり、ママ❤ママもやっぱり男の子をついに可愛がっちゃうのが性。。。

「あー私は母ちゃんに愛されて育ったんだ」、とハッキリクッキリ頭で判っていなくても、その人に染み着く非常に大切な全ての基盤と言っても過言ではない、大切な人としてのコアだと思うです。

後々の友人関係、同僚等との関係、趣味の会の人間関係、ご近所関係、恋人関係、夫婦関係の基盤、人生は人間関係なしでは生きれないものですものね。。。

何をしてもママみてみて、不安になってもママママ、ひとりでやりたーい・ひとりでできるもん、できないとママに戻り、またひとりでやろう!の間を行ったり来たり≒オトナの階段をのぼり始めたり、戻ったり。ママは安全基地、そう、ママは港!オンナは港?!

こんちくしょぉおおぉと、思うときも最後はギュッと抱きしめて、ゆうこときかないあんたも、こにくらしいあんたも、あんたはあんただ!!!と、あんたの存在は丸ごと大好きだからね!とぜひ伝え続けてあげてください。ママがつらい時は、ちょっぴり女優になりきっちゃって❤ そして、時に美ヨガやら笑いヨガやらおしゃべりやらちょっぴり甘いものやちょっぴり贅沢などでストレス発散しましょうね!!!

「我々は機械を作っているのではない!人間を育てているんだ!!!by金八先生(笑)」

子育てって、本当に素晴らしい偉業ですね;_;!!!皆さんに大きなありがとうを贈ります!!!

 

Write a comment

Comments: 2